2010年5月22日(土曜日)
滝野川会館もみじホール
全席自由/前売:3,000円 当日:3,500円
 JR山手線/「駒込」駅下車徒歩10分
 JR京浜東北線/「上中里」駅下車徒歩7分
 東京メトロ南北線/「西ヶ原」駅下車徒歩7分

指   揮  草川 正憲
演   出  澤 麗奈
ピ ア ノ  大園 麻衣子

マノン 野田 雅子
デ・グリュー 加藤 康之
レスコー 別府 真也
ジェロント 藤原 啓
エドモンド 石川 雄蔵
宿屋の主人 山下 弘太郎
舞踏教師 比治 雅裕
歌手 君塚 輝美
点灯手 小畑 就平
海軍の船長 五島 泰次郎
軍曹 川口 寛記

  合唱 : フレスカリア合唱団
 副指揮・合唱指導 柴田 慎平
平野 桂子
 練習ピアニスト 大園 麻衣子
小池 律子
吉田 貴至
演出助手 本城 敬志

主催:frescaria
 協力:リリカイタリアーナオペラ


★あらすじ★
18世紀フランス、パリ郊外アミアン。
広場では学生エドモンドが青春の楽しさを歌い、
若者や市民は爽やかな春の夕暮れの中、恋について語り合っている。
青年騎士デ・グリューが現れ、僕が恋する人はこの中にいるのかと問いかける。
そこへ美しい娘マノンが兄レスコーと馬車から降りてくる。
娘の将来を心配した父の意向により修道院に向かっているところであった。
マノンを見たデ・グリューはひと目惚れしてしまう。
マノンたちと同じ馬車に乗り合わせた老財務官のジェロントも
彼女に目をつけていたが、エドモンドの機転でジェロントの裏をかき
2人は駆け落ちをする。

その後、デ・グリューとの貧乏生活が苦になったマノンは、
裕福なジェロントの愛妾となり贅沢に暮らしているが、
昔の愛ある生活を懐かしんでもいる。
そこへレスコーの手引きによりデ・グリューが現れ
再び愛を確かめあっているところをジェロントに見られてしまう。
面目をつぶされたジェロントの通報によりマノンは姦通の罪で
警察に捕らえられてしまう。
新大陸アメリカへの流刑が決まったマノンをデ・グリューとレスコーが
ル・アーヴルへ助けに来るが企ては失敗に終ってしまう


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
チケットのお申し込み・問い合わせは
  下記のフォームをご利用ください

折り返しご連絡させていただきます

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 チケット希望   問い合わせ
※チケット希望の方
氏  名 ※必ずご記入ください
氏名ふりがな ※ひらがなでお願いします
電話番号 ※電話番号はどちらか必ずご記入ください
携帯番号
FAX
メールアドレス(PC)
メールアドレス(携帯)
お問い合わせ内容

    
お問い合わせ→ メール